光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
05 | 2018/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

首相官邸、国会見学は一見の価値あり!
2010年5月10日(月)                 晴れ

民主党、門脇都議の支援者が首相官邸、国会を見学出来るがどうしますか?という電話が先週、秘書からあり、喜んで参加を希望した。当日は、2時45分集合。30人が二派に分かれて首相官邸到着。身分照合、国際線に乗る際と同じ身体検査。見学の心得として、邸内は写真撮影禁止、写真を撮って良い場所があるので、その場所に来たら教えるとの案内の方からの説明があり、見学を開始した。鳩山首相が記者インタビューをしている場所はここだとか、綺麗な庭があるが、入れるのは、首相が芝生で園遊会をやるときだけとか、マスコミが取材するときの規制線とか、興味深かったが、あまりにも規制で縛られており、総理大臣が雲の上の人になる仕組みが良く理解できた。これでな普天間問題の解決は5月一杯という誰が見ても無理なことを堂々と言い切る首相が誕生する仕組みが判った。

次に国会見学。国会議事堂が完成したのは昭和11年、工事に17年かかったとの説明。圧巻は、天皇陛下だけのための階段、待合室で、皇太子が天皇陛下の代理で見えた時も天皇陛下の部屋は使えず、隣の皇族の待合室を使用したとのこと。天皇陛下の待合室は3階にあるが、不敬になるので、その上の4階には一切トイレは無いという話。正面玄関を出這入りできるのは、議員だけで、秘書の議員同伴のときとみ使えるという話。国会議事堂の大会議場には、天皇陛下、皇后陛下が議  事を見学されるときに使用するバルコニーがあること。一度は見る価値えがある場所である。大変、面白かった。
教訓;日本国は、民主主義国家ではなく、天皇制、官僚社会主義国家であるということを実感として判った。
もう一つの教訓;民主党が野党の時代には、今回のような見学会は不可能であった。----見たい人は急いだほう<
が良い。

       首相官邸の中で唯一写真撮影が許可されている場所での記念撮影
         
DSC_0965aa.jpg



スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://greenmed0525.blog35.fc2.com/tb.php/95-c1301be4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する