FC2ブログ
光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

42年ぶりに見るマッターホルンは素晴らしかった!
2009年10月15日(木)                                晴れ

1967年9月16日から3日間、ツエルマットに家内と滞在し、マッターホルンの眺望を堪能した経験を再現したいと、今回、グリンテルワルトの次にツエルマットに向かったが、期待どうり、素晴らしいマッターホルンの眺望を充分堪能することが出来た。 前回泊まったホテルの部屋からマッターホルンを見る事は出来なかったが、今回は、予約した後、メイルを入れ、”超過料金を払っても良いからマッターホルンの見える部屋を用意してくれるよう”依頼してOKとの返事を貰っていたが、朝から晩までマッターホルンを正面から見える部屋に泊まることが出来、最高だった。
ホテルのレストランからもマッターホルンが見え、これも最高の気分であったが、登山電車でゴルナーグラートの展望台に登ったが、途中からもマッターホルンの姿が色々な角度とあたりの景色との組み合わせで見られ、スイスの観光資源としても、マッターホルンがNO.1であることを実感できた。 ゴルナーグラートも標高が高いので、気温はマイナス13度であったが、天気が良かったので、屋外でワインを飲みながらマッターホルンの眺望を楽しむことが出来た。
          ゴルナーグラートからのマッターホルン
DSC0281e.jpg

ホテルに帰り一休みしているうちに夕方になり、丁度マッターホルンの裏側に太陽が沈んだので、マッターホルンにかかる雲が刻々と変化し、マッターホルンが夕闇に溶け込んで行く姿を楽しむことが出来た。これも最高の気分であった。
          夕日のシルエットになったマッターホルン
DSC0478f.jpg
スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://greenmed0525.blog35.fc2.com/tb.php/79-2c7b76c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。