FC2ブログ
光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユングフラウヨッホの展望台は零下13度でした!
2009年10月13日(火)その2----旅行3日目                    晴れ

1967年9月、ドイツのエルランゲンで車を借り、家内とグリンテルワルトに一週間滞在しましたが、15日はトレッキングでくらいねシャイダックまで歩いて登り、付近の丘の上でビニールをシートを敷いて、バーナーとコッフェルでお湯を沸かしてお茶をいれ、お昼にしましたが、先ず、持参の赤ワイン蓋を開き、2人でアイガーの北壁を見ながら乾杯しました。 これが二人の結婚式で、その日に母に婚姻届も出してもらいました。 今回は滞在日数も短く、とても歩いてクライネシャイダックまで登ろうという気は起こりませんでしたので、朝食後、登山電車でユングフラウヨッホまで登ることにしました。 天気は絶好の晴天でしたが、上は寒いと聞いていたので、長袖の下着を2枚、セーターを着て、その上にウインドブレーカーとキンテイングのヤッケを着るという服装でした。 登山電車からの眺望は素晴らしく、クライネシャイダックに着き、ユングフラウヨッホ行きの電車に乗り換えましがが、42年前に乾杯した丘は雪に覆われており、そこに再度行ってみようという気は起こりませんでした。 しかし、クライネシャイダックからホテルを前景にした北壁の姿は、そのままで素晴らしい絵になっており、昔の記憶のままでした。
             クライネシャイダックから見たアイガー北壁
DSC0211b.jpg
スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://greenmed0525.blog35.fc2.com/tb.php/75-b38a7586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。