FC2ブログ
光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
05 | 2019/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脊髄損傷の治療の切り札は再生医療!
2009年5月21日(木)                              曇り

先週の会合でT君の回復ぶりに驚いたが、足は引きずっており、左手の握力も10kgしかないという話と会合が終わってから、足が痺れたようで立ち上がるのに苦労し、階段を登るのに更に苦労していたのが気になったので、海外の再生医療センターの院長である友人に、どうしたらもっと早く、完全な形に近い状態に治療できるのかを質問した。答えは、再生医療しかないとの答えであった。2週間ぐらいの滞在で、2-3回の再生医療治療で完全に元の状態に戻るとは保証出来ないが、画期的な改善が実現できるとの回答で、脊髄損傷で、脊髄が切断されていなければ、治療法としては一番適しているとのことである。回答結果は概算費用とともにT君に伝えたが、本人は日本でやっていない治療を受けるのは不安なので、新しいところでリハビリと鍼治療を受けるつもりとの事であった。非常に常識的な判断で、本人の意思に任せる以外の道は無い。プロの選手の場合は生活がかかっているので、未知の治療でもやってみようという勇気が涌いてくるのであろう。アマとプロの違いを痛感した。再生医療が脊髄損傷治療の切り札でも、時間が経つほど効果は低くなり、治療の回数を増やす必要があるとのことなので、残念は残念である。
7-16.jpg
スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://greenmed0525.blog35.fc2.com/tb.php/57-e585aa42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。