光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALSの治療法
2009年4月30日(木)                        晴れ

一月ほど前、友人の治療家からALSの患者の治療を頼まれたがうまく行かない。良い治療法を知らないかとの問い合わせを受けた。ALSという難病中の難病があることをご存知だろうか?知らなかったので調べて見ると、運動選手がなり易く、はじめは手足の運動神経が効かなくなり、次第に症状が全身に及び、最後に心臓の運動神経がやられて命を落とすという病気で、ALSという診断を受けてから、余命は2から5年というものだとの事。原因、治療法ともに不明とされている。ALSの患者さんのサイトも出来ている。そのサイトを見ると、東北大学の神経科の先生の投稿があり、将来、可能性のある治療法は再生医療だとの書き込みがあった。そこで、昨年、再生医療センターをオープンした海外の友人にALSの治療をした経験があるか、問い合わせてみた。結果は、驚いたことに、最近、ALSと診断され、ドイツであらゆる治療を受けてだめで帰国し、人工呼吸器に入って延命をしていたALSの患者に再生医療を6回施したところ、画期的に良くなり、食事、会話、自力呼吸もできるほど回復した例があるとの返事があった。ただ、この患者は、再生医療を施すと、頭痛と脊髄の痛みに悩まされるので、治療を打ち切りたいと退院したとの事であった。海外の友人からは、もし、日本から治療を受けにくるのであれば引き受けるが、100%効果があるとは保証出来ないが、現在ある治療法の中では最も有力な治療法であろうとの連絡もあった。この結果は、日本の友人の治療家に伝えたが、その後は連絡が無いので、患者さんがどのような判断をしたかは不明である。但し言えることは、現在のグローバル情報化時代では、世界の最先端の医療情報もその気になれば、入手可能ということで、人の寿命も情報収集力次第で決まる時代になったとの感じを強くした。
      善福寺川公園の夜桜と月
DSCN1709aa.jpg
スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/05/11 10:03】 | # [ 編集]

Re: ALS再生治療について
お答えします。
友人の名前は、ハイク・ミナスヤン博士といいます。アルメニア共和国の首都、イェレバンに昨年の6月、再生医療クリニックをオープンしました。クリニックの名前は、Armenian-American Health Development Centerと云います。博士は、アルメニア医科大学の大学院の教授で、アルメニア先端医療研究所エルブニの診療部長を兼ねておる、再生医療と癌治療の世界のトップレベルの研究者、医者です。再生医療については、ロシアとアメリカの研究所で基礎研究を行い、最終的な臨床応用については、米国で、MedStem社のCEOであるリオダン博士と最終的に煮詰め、ミナスヤン博士はイェレバンで、MedStem社はコスタリカで再生医療センターをオープンしました。再生医療の技術は、患者本人の脂肪から幹細胞(StemCell)を採取して大量に培養、体内に戻すという方法で、アルツハイマー、パーキンソン、脳梗塞の脳の再生を中心に行っております。ブログに記載した内容は、たまたま名古屋に在住の35歳のALSの患者さんの治療可能性について問い合わせた結果で、最近、アルメニアのALSの患者でドイツであらゆる治療を受け、全く効果がなく帰国した男性の患者に再生医療をしたところ、著効があったので、有望であろうという返事でした。名古屋の患者さんには情報は伝わった(友人の治療家経由)と思いますが、その後連絡が無いのでアルメニアの再生医療を信用しなかったものと思います。ALSの患者さんの会のサイトを見ると、東北大学の神経科の先生が、日本でもALSの治療の本命は再生医療だろうとのコメントがありましたので、せっかくの情報を死蔵させておくのはもったいないので、ブログに載せました。ミナスヤン博士と私の関係は、2,002年に、私の専門分野である低出力レーザ治療で、アルツハイマーのレーザ治療という題目で、政府のODA資金をベースにした共同研究が出来ないかという目的でアルメニアを訪問して以来の付き合いです。2004年には、松下電器との共同研究目的で、日本に招へいしております(松下のトップの反対で実現しませんでした)。アルメニアは日本では知名度が低く、そんな国で先端医療ができるかという疑問を持たれるかたが殆どだと思います(松下のトップもそうでした)が、旧ソ連時代、ソ連邦のブレインと云われた国で、ソ連の原爆、人工衛星、レーザ兵器などの開発は全てアルメニアで行われ、もともと、アルメニア系米国人が多い為、現在、米国、ドイツ、ロシアとの共同研究、開発も非常に盛んな国です。ミナスヤン博士は、クリニックもようやく軌道に乗ったので、希望があれば日本からの患者を受け入れても良いと言っておりますので、現在、ネット上で情報を公開を検討中です。日本での窓口は株式会社グリーン・メデイカル・システムズになっております。ご友人の参考になれば幸いです。ご友人の息子さんの治療の受け入れ可否、概算費用について、当方より問い合わせは可能です。その場合は、年齢、身長、体重、既往症、ALS発症の時期、経過、現在の状態、ALSと診断した医療機関名など教えていただけば、可能です。個人情報は厳守し、現地との連絡役は勤めますが、連絡を開始する前に、弊社宛に、治療の結果については一切責任を問わないという念書を入れて戴きますので、予め、ご友人にお伝え下さい。
【2009/05/16 16:18】 URL | 井上正之 #CeBknFk. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/05/24 12:39】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/05/03 20:32】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/06/01 23:36】 | # [ 編集]

Re: ご意見ください。
> はじめまして。大阪に在住しているものです。知り合いの旦那がALSとの診断を受けました。何とか助けてあげたいんです。手だてはありますか?
【2011/07/21 13:35】 URL | MIKE #- [ 編集]

Re: ご意見ください。
> はじめまして。大阪に在住しているものです。知り合いの旦那がALSとの診断を受けました。何とか助けてあげたいんです。手だてはありますか?

アルメニアで再生医療を本格的に始めたことは、記事にしましたが、日本から最初の患者さんが治療を受け、昨週末に帰国されました。本当に効果があったかどうかは、これから検証していくことになると思いますが、現在、患者さんの様態は安定しているようです。患者さんは68歳の女性で、発症して1年、最近、病状が急速にすすみ、
歩行困難、後数週間で、嚥下、会話が困難になるところで、治療を受けるギリギリのところであったと聞いております。娘さんが航空会社のアシスタントパーサーをされているので、事前に博士を面談し、治療を決断し、ご主人も同行されたと聞いております。ALSは急速に進行するので、治療をうけるには、早ければ早い程よいと聞いております。詳しいことは、付き添いで行かれた、娘さん、本欄に5月1日に投稿にお聞きになるのが良いと思います。
【2011/07/21 13:51】 URL | 井上正之 #CAxCCEck [ 編集]

助けてほしい
兄が去年、CIDPと診断されました。
症状は悪くなっており、検査入院は決定しており、ベッドが空くのを待っています。

ALS の可能性があると、医師から言われ、一秒でも早く検査結果してもらいたい。

その、ドイツの話を詳しく知りたいです。
どうすればいいのか……
【2011/09/01 00:38】 URL | 麻紀 #- [ 編集]

Re: 助けてほしい
愛犬が死んで、ペットロスになり、ブログも休んでいました。返事が遅れ、失礼しました。

7月に日本から始めて、ALSの患者がアルメニア、イェレバンにある再生医療センターで治療を受けました。
その結果では、再生医療は、ALSでも初期に治療すれば、早ければ、早いほど効果があることが判りました。
もし、ALSという診断を受けたら、ご連絡下さい。

井上正之
【2011/10/25 19:00】 URL | 井上 正之 #CAxCCEck [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://greenmed0525.blog35.fc2.com/tb.php/55-a64b4595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

迷ったが載せます

先日ブログにコメント下さった方から頂いた情報。 載せるべきか悩みましたが、1つの ALS そして、僕の生きる道【2009/05/25 18:29】

プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。