光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老化防止、若返りは人類の永遠の夢ですが、ミナスヤン博士に最新医療を受ける前に、日頃の生活で実践できる方法を聞いてみました。
老化防止、若返りは人類の永遠の夢ですが、ミナスヤン博士に最新医療を受ける前に、日頃の生活で実践できる方法を聞いてみました。

ミナスヤン博士によると、現代の医療によるアプローチには、
1. 外からの方法- 整形手術、ボトックス、顔リフティング、化粧品 - 外観を改善するが、体の内部構造には影響しない方法。
2. 再生医療、新再生医療など、自然性的活動の増加、安全な方法でホルモンの分泌を増加し、 内部構造を改善し、外観にはあまり効果が無いが本体を若返えさせる方法があるが、その前の大前提として我々の日頃の生活の中で実践できる方法があるとのことです。

男性の老化防止、若さ維持法

人間の性的機能は非常に複雑で、自明なものは何もありません。関心のある方は自分で探索する必要があります。男性ホルモン(テストステロン)は、視床下部や下垂体(テストステロン産生の刺激のためのゴナドトロピンを産生します)の刺激により副腎腺と精巣から産生されます。しかし、これは内分泌学で、人間の場合はもっと複雑です。例えば、空想、伴侶の魅力、考え方、疲労、その他多くの要素が性的能力に関連があります。自然界では多くのオスが射精の後で命を落します。理由は、スタミナが放出されてしまうからです。人間の男の場合は違います。命を終えることは無く、睾丸は精子を作り続けます。男性の成熟期には夢精という精子の自動的な放出もあります。射精は必ずしも性的な喜びをもたらしません。性的な喜びは射精と同時に起こる別のものです。
射精は男根の勃起を終了させます。特に高齢になると顕著です。射精を頻繁に繰り返すと、多くのホルモンを失い、男根の勃起力は弱くなります。男根の勃起は睾丸に於けるテストステロンの産生を刺激しますので、出来るだけ頻繁に男根の勃起を実践するのは良い習慣です。男根の勃起は、NO(酸化窒素)の産生を刺激し、血圧を下げます。老化防止のためのもう一つの良い習慣は、両足の間隔を40-90センチの間隔で立ち、睾丸を優しくマッサージすることです。もう一つ心理的に効果があるのは、勃起を出来るだけ強固に行なう練習をすることです。男性というものは、強固な勃起を行なうことで、心理的に、未だ本物の男であることを実感できます。射精なしの勃起を実践することで、一人の女性と一日に何回もセックスすることが可能になります。男根の勃起は血中のテストステロンの濃度を上げ、テストステロンは老化を防止します。特に、脳の老化と筋肉の萎縮を防止します。射精無しにオーガニズムに到達する方法は色々あります。射精なしのオーガズムは、いわゆるタントラセックスとダオセックスに使用されています。とにかく、勃起を練習する形で "神経と神経節原因と制御勃起を維持するので、この方法は(セックスは勃起なしには不可能である)性的な長寿のために必要です。また、あなたの心の中で理想のタイプの女性を夢見る性的妄想を訓練してください。あなたの欲望と性欲を発火させる「トリガー」(性的興奮を引き起こす女性に何かを)持っている場合は、特に睡眠(入眠前にベッドの中でファンタジー)の前に、できるだけ頻繁にトリガーを思い出します。性的な夢は、高齢者の健康のために非常に良い影響を与えます。できるだけ女性について考え、できるだけ頻繁に(映画で、インターネットで、実際の生活の中で)美しい女性を見てみてください。男はセックスに対する関心を失うと急速に老化が進みます。脳の中枢がこの世での使命を終えたと判断するからです。

女性の老化防止、若さ維持法

女性が老化する原因には二つの原因があります。一つはホルモンの枯渇であり(特にエストロゲン)もう一つは性欲の低下です(アンドロゲンの枯渇)。女性の老化を防止する為の一つの方法は、男性は女性の膣の中に出来るだけ頻繁に射精をして、女性に性交後に精液を膣の中に出来るだけ長い間、保持するように依頼します。そうすると、精液の中のホルモンは女性の膣の粘膜を通過して血中に入ります。この方法は、男性にとっては危険です。何故なら、ホルモンが枯渇して老化を促進する可能性があります。女性にとって、もう一つの方法は、エストロゲンとプロゲステロンを摂取する方法ですが、乳がん、卵巣がん、子宮がんを誘発する可能性があり、血圧上昇、血液凝固、血栓を増加させます。もう一つの方法は、オルガズムに出来るだけ頻繁に達する方法です。女性のオーガズムは、脳(下垂体)にオキシトシンと性腺刺激ホルモン産生を刺激し、それが卵巣によって副腎腺(性欲を増加)およびエストロゲンによってアンドロゲンの産生を刺激します(外観と肌を改善します)。それはホルモン薬の人工投与が、ホルモンのバランスを破壊し、癌や他の合併症を引き起こす可能性があるのに対し、自然のホルモンの生産のバランスのとれた増加を引き起こすためオーガズムは、ホルモン調節の最も安全な方法です。射精なしのオーガズムが女性のオーガズムになる場合には、男性と女性の両方のために有益です。男性は、性交や射精の自分に適した回数を見つける必要があります。彼が過度の性的衝動と欲望を感じている場合 - 射精の回数は、彼(血液中のアンドロゲンの蓄積)のために十分では無いと言えます。男性が低い欲望や性的衝動を感じる場合 - 射精は、彼の体がホルモン産生するより過剰だと言えます。男性は女性のG-pointやクリストスを刺激してオーガズムに達するのを容易に早くする必要があります。女性は彼女の膣の筋肉を鍛えて、締め付ける力を強くする必要があります。男性も自分の男根の筋力を鍛える必要があります。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://greenmed0525.blog35.fc2.com/tb.php/189-6b658cde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。