光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
05 | 2018/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

黄斑変性症はアルメニアの目薬が効いた。
2013.6.29             晴れ

黄斑変性症になったが、ミンスヤン博士が開發した目薬で進行が停止した。ーー自分で経験した本当の話

70歳になって免許証の更新のため、高齢者研修に参加して視力検査を受けたら、従来、左右ともに1.2であった視力が、左眼が0.1、右眼が1.2と言われ、メガネの使用を勧められた。早速、眼鏡屋で検眼してメガネをつくり、免許証は更新したが、何故、左の眼の視力が落ちたのか気になったので、順天堂大学病院の眼科で検査を受けた。結果は左眼は黄斑変性症で、精密検査をする必要があるが、進行を止めないと失明の畏れがあるという。対策はあるのかと聞くと、最近、認可になったファイザーのマクガバンという特効薬があり、眼球に直接注射し、12回繰り返すと進行は止まると云われた。費用はと聞くと、1回の注射が40万円、健康保険が効くので、3割負担として12万円とのこと。12万円x12回で144万円。突然の出費に愕然としたが、仕方が無い。知り合いの眼科医もいるので相談するので、1~2月待って貰う事にした。ミナスヤン博士が発明した目薬で、白内障に特効があるので、日本で技術を買ってくれるところを探して欲しい、サンプルを10本送るということで冷蔵庫に入っている目薬を思い出した。早速、ミナスヤン博士に黄斑変性症という診断を受けたが、預かっている目薬は効果は無いのかと聞くと、効果はある。普通は一日、一回、一滴で良いが、五回、一滴を点眼して、1月後に大学で精密試験を受けてみてくれと云われた。

黄斑変性症は難病と聞いていたので、目薬位で効果があるのか、正直、不安であったが、言われたとおり、一日、五回、一滴の点眼を続けた。一月後、順天堂大学の眼科で精密検査を受けると、驚いた事に、黄斑変性症の進行は止まっているという検査結果だった。担当医から何をしたのか聞かれたが、アルメニアの”エルブニ”という先進医学研究センターで開發した目薬を点眼したと答えたが、アルメニアでそんなに効果のある目薬を開發できる筈は無い。と信用してくれなかった。黄斑変性症の進行は止まったが、健康維持のため、一日、一回、一滴の点眼をすすめられ、実行している。網膜の破壊が修復されて視力が回復することは無いが、進行は止まっているので満足している。ミナスヤン博士の話では、高齢者の眼病の原因は、紫外線であるので、サングラスの着用を勧めたれたので、早速、度数の合ったサングラスを注文目薬
して愛用している。

報道によれば、厚生労働省は理研がIPS細胞で作成した網膜の治験実施を許可したと報道されているが、黄斑変性症も初期に発見し、アルメニアの”エルブニ”の開發した目薬を使用すれば、日常生活には全く支障は無い。ただ、暗闇では左眼の真ん中に黒い円形の膜が見えること、筆者は、左眼が利目で、カメラのファインダー、望遠鏡の接眼レンズを見たときにこの黒い膜が気になるが、リスクが高いと思われるIPS細胞で作成した網膜の移植手術を受ける積もりは全く無い。アルメニアの目薬が日本で販売されれば、助かる人が多いと思うが、日本の医薬品会社にライセンシングの打診をしても、どこの会社もアルメニアにそんなレベルの高い技術がある訳は無い。ということで、恩恵は筆者のみが受けている。マスコミはアベノミックスとか、グローバル化とかはやし立てているが、真実を見ようという気は無いのではないだろうか。尚、この目薬の完成品は、アルメニア政府が輸出を禁止しているので、筆者もアルメニアからの来日者に持参してもらい、自分の眼を保護している。本当は、日本の製薬会社がライセンシング契約をして国産してくれるのが、理想であるが、世の中はそんなにうまく事は運ばない。
スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/11/28 17:09】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://greenmed0525.blog35.fc2.com/tb.php/165-84036d66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する