光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

末期ガンを克服しているソプラノ歌手のコンサートに出席した
2012年10月21日(日)  晴れ

四谷、紀尾井ホールで開催された国際的なオペラ歌手、白石敬子のソプラノ・リサイタルに出席した。白石敬子さんは家内の遠縁に当たる。8年前に末期の大腸ガンを手術し、余命は長くて5年と宣告されたが、リサイタルを毎年継続したいという願望でガンと戦っていると聞いていたので、果たして声が出るのかと危惧していたが、モーツアルト、シューベルト、リヒャルト・シュトラウス、マーラー、ヴェルデイ、ワーグナーなど14曲を素晴らしいソプラノで歌い、アンコールにも応えて、更に2曲聞かしてくれた。アンコールの2曲目が終わると、聴衆はみな立ち上がり惜しみない拍手を送っていた。
声量も豊かで高音も良く出ており、とても、ガンを患っている方とは見えない印象であったが、白石敬子さんの親戚の方の話では、ガンは何回も転移し、手術はこれまで11回受け、抗がん剤療法を継続しているとの事であった。
精神力でガンを乗り越えている見本であろう。
来年の1月の新年コンサートの案内を貰ったので、楽しみにしていたい。
    
スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://greenmed0525.blog35.fc2.com/tb.php/151-aa14aa3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【末期ガンを克服してい】

2012年10月21日(日)  晴れ 四谷、紀尾井ホールで開催された国際的なオペラ歌手、白石敬子のソプラノ・ まっとめBLOG速報【2012/10/26 14:27】

プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する