FC2ブログ
光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月に3人目のALS患者が治療を受けました
2012年9月30日(日)                  晴れ

本年の9月の中旬、日本人では3人目のALS患者さんがアルメニアを訪問し、再生医療による治療を受けました。患者さんは70才の男性の方で、発症したのは8年前、現在、右腕が使え無くなっており、最近、左手もおかしく成り始めたということで、再生医療による治療に踏み切りました。この患者さんのALSは進行が遅いタイプで、8年経過しても腕以外には不自由は無いとのことで、歩行も食事も問題はありませんが、奥さんと主治医が同行しました。滞在予定は2週間でした。

日本を出発する1週間前に採血を行い、検査結果をミナスヤン博士に伝えており、アレルギー体質で無いことが確認されていましたので、現地でのミナスヤン博士による診察、採血後、患者の身体が幹細胞を受取り同化する治療を開始し、その後、第一回目に2000万個の幹細胞を皮下注射、1日於いて第2回目に同じ量の幹細胞を注射したところ、動かなかった右腕が45度上がるようになり、一同再生治療の効果に驚きました。

ところが、第2回目までの幹細胞の注射をした後の翌朝、患者さんが心臓の不調を訴えた為、急遽、救急車を呼んで心臓の専門医のところで応急処置をして落ち着きましたが、このまま治療をつづけるべきか、精密検査をしてから治療を再開するか、患者さんを入れて関係者で協議した結果、心臓の精密検査は日本に帰国後実施する。帰国の途上で心臓の不調が再発した場合を考え、滞在期間を切り上げ、もともと一週間の予定で同行して来た主治医と一緒に帰国する。残りの幹細胞は、身体の準備のための治療は時間が無いので省略、幹細胞1億個を2回に分けて注射することで決定しました。この決定に従い治療を完了、無事帰国しました。帰国後、病院で心臓の検査を行いましたが、重篤な疾患は無かったとのことです。患者さんはもともと高血圧症で、降圧剤を飲んでしましたが、アルメニアに行く前に疲労が蓄積していたのが原因であろうとのことです。

この患者さんがALSであったか否かということですが、ミナスヤン博士が患者さんの血清に幹細胞を加えたところ、明らかに培養が阻害され、血液中の成分を分析したところ、これまでのALS患者と同じように、微小生物が確認されたとのことです。この微小生物は幹細胞を殺すので、神経細胞もこの微小生物により破壊されるのかもしれないというのが、ミナスヤン博士のコメントです。この微小生物の存在が明らかになれば、ALSの原因が解明されるかもしれません。
front-pic.jpg



スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://greenmed0525.blog35.fc2.com/tb.php/149-b86974fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。