FC2ブログ
光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モニカが13歳になりました。
2001年7月31日(日)                    雨

シェルテイー犬を飼い始めて30年になります。最初はメスのセーブル、荻窪の犬屋で見つけ、子供達の情操教育にも役立つためというのは建前で、犬を自分で飼ってみたかったからです。母が猫を好いていたので、当家には猫がいつも飼われており、特に、戦後直後は、ネズミが急増し、猫の助けが必要でしたので、母は、長谷川一夫の奥さんと乳兄弟であったので、一夫のに行き、赤白の子猫、メス、ミー公をもらってきました。この猫はネズミ捕りの名人で、大人になるや当家のネズミを全て退治、近隣にも貸し出して、ネズミ退治に大活躍しました。
とても賢い猫で、子供も皆、賢かったので、生まれた子供は瞬く間に、貰い手に引き取られていました。13歳で亡くなりましたが、それまで全く健康でした。

何十年振りに動物を飼うようになり、選んだシェルテイーは、グレースケリーの名前を貰い、ケリーという名前を付けて買い始めましたが、とんでもないいたずらもので、椅子、机、階段、スリッパなど、留守中に咬み砕き、家の中は傷だらけになりましたが、基本的には非常に利口で、家族の一員となり、家内の実家、旅行など、どこにでも同行し、楽しい生活の一部になっていました。身体も丈夫で、せっかくだから一度、子供を生ましてみたいということになり、犬屋に頼んで掛け合わせて貰い、一度目はだめでしたが、2度目に成功し、7匹の子供を産み、お産の始末、子育ても問題なく、全ての子犬がもらわれていきました。

ところが、犬にとって時間の経つスピードは早く、平成3年、子宮嚢腫を患った後、みるみる体力が衰え、亡くなりました。一家の嘆きはたいへんなもので、子供達はおばあちゃんが亡くなったよりも悲しい、もう当分、犬は飼いたくないというものでした。しかし私は、やはり犬の居ない生活は耐え難く、ケリーがお世話になっていた動物病院に相談すると、ケリーを見てシェルテイーのブリーダーを始めた方が、ケリーの飼い主の方であれば、輸入したアメリカチャンピオンの子供が生まれたばかりなので、良かったら、譲りますというので、早速、見に行き、今度はオスを飼ってみようということで、連れて帰りました。子供たちは、お父さんは冷たい、まだ、ケリーが死んで半年も経っていないといいましたが、たちまち、子犬の魅力に負けて、当家の中心になり、デイックという名前を貰いました。

デイックはアメリカチャンピオンの子供だけあって極めて利口な犬で、輪くぐり、フリスピーをたちまち覚え、見るからにハンサムで、喧嘩も強い犬で、正に、雄犬というものは」こういうものかと感心されました。13年前、丁度、家内の姉が亡くなり、次男が司法試験に合格して研修所に入った年で、何か祈念を残したいと思っていたところ、近くの床屋さんがシェルテーを2匹飼っており、もし、子犬が欲しいのであてば、どちらでも、デイックが気に入った方を貸すよ。その代わり、生まれた子供の処置、お産の際の面倒など、全て見てくれというので、思い切って、娘の方のメス、レデイーを借りてきましたら、丁度、時期だったらしく、妊娠し、7月30日の夜中に生まれたのが、2008年に亡くなったノエルと昨日、誕生日を迎えたモニカです。

お産の際は、ノエルは親が面倒をみず、私が袋を破り、へその緒を糸で結び、息をしないのでタオルでマッサージをしてようやく息をするようになり、やれやれでしたが、モニカの方は、親が袋を噛みやぶり、舌で舐めるとすぐ呼吸を始め、ホッとしましたが、母親の乳の出が悪く、ノエルは哺乳瓶だとうまく飲めないので、4時間ごとに注入器で授乳をして、ようやく離乳食を食べるようになり、実家に帰りました。

それから、13年、世間も変わり、子供達は一人前になり、デイックは2007年11月5日、ノエルは2008年2月25日に亡くなり、つらい思いをしましたが、ペットロスにならなかったのは、3匹のときは常にNo.3で、辛い思いをしていたモニカのおかげだと思っています。今は太りすぎから、心臓肥大、心臓弁膜症、脂肪浮腫をやんでおり、医療費がかかるのが、悩みですが、今まで、我慢してくれたお礼に面倒を見ています。是非、この夏の暑さを乗り切り、早く死んだノエルの分も長生きをして欲しいというのが家族全員の思いです。

モニカ頑ばれ!

2000年のデイック、モニカ、ノエル
3dogs20001101.jpg

2011.7.30のモニカ
Monika2011730.jpg


スポンサーサイト

テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://greenmed0525.blog35.fc2.com/tb.php/133-c8382cba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。