FC2ブログ
光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片マヒの再生医療による治療効果!
2010年6月22日(火)                          晴れ

最近の世の中の変化が激しく、マスコミを就いて行くのが大変だと思う。良い事と悪い事が頻繁に起こる。
例えば、良い事。圧倒的に少ないが、
1.鳩山首相と小沢幹事長の辞任で、菅政権誕生。
2.はやぶさの7年ぶりの帰還。
3.ワールドカップでカメルーンに一点差で勝利。
悪い事
1.菅首相が消費税論議を始めた事。折角の支持率が又、降下するだろうこと。週刊誌は一斉に元小沢幹事長の反撃を書きたてており、日本の国は又、敗戦の憂き目を見なければ、誰も反省しないのではないかと不安になること。
2.ワールドカップで、オランダに一点差で敗戦。 相変わらず、決定的なチャンスに得点できなかったこと。
3.相変わらず、妙な事件、例えば、女生徒が隣の生徒の横腹をナイフで刺し、意識不明の状態であることとか、エンジンの音がうるさいと注意した男性を殴り殺したトラック運転手など、理解に苦しむ事件が頻発していること。
4.相撲界が賭博で汚染されており、特に野球賭博に現役の大関が夢中で、口止め料に350万円払い、更に1億円要求されていたことなど、庶民の目にはどうなっているのと言いたくなるような相撲界の状況。

最近の日本の高齢化、医療の機能不全を象徴する片マヒの患者が増えている現状を、医学的に解決できる道はないのかと、海外の友人(医科大学の教授で医学博士、再生医療を自分のクリニックで実際の治療に使っている)に、最近の症例報告を送ってもらった。彼の話では、再生医療の成功例は、ノウハウの流出を恐れれ、世界的に発表はされていないとの事である。敢えて、日本の患者の為にお願いした。

ーーーーー再生医療による脳卒中の後遺症である片マヒの治療(症例1)

68歳の患者(男性)は、過去15年間高血圧を患っていた。その患者は、病気になる前、40年間の喫煙歴があった。2002年、2型の糖尿病が診断された。糖尿病の症状は軽く、血糖値は、7-8モル/Lということは無かった。血圧の値は不安定で、190/110, 180/100 mm.Hgという値のこともあった。2年前、朝起きた時、左手と左足に異常感を感じた。感覚が無く、動かす事が出来なかった。救急車が呼ばれ、病院に急いで搬送された。脳卒中―右脳の脳出血がCTとMRIの検査で診断された。患者は、脳卒中の治療手順に従って43日間治療を受け、帰宅した。その後3週間、投薬と注射を受けた。3ヵ月後、彼は左手と左足の感覚を一部取り戻し、かろうじて歩くことが出来たー左足は非常にか弱く、前に動かすことは非常に困難を伴った。回復は、発症から2週間は比較的に早かったが、その後、回復は日増しに緩慢になり、一年後になると、ほんのわずかの回復しか認められなかった。回復のプロセスは、手に比べて足の方が良かった。全ての
神経医は、彼と家族にこれ以上の改善は期待できず、後の余生は、身体不自由者として過ごす以外に道は無いと告げた。
6ケ月前、再生医療を開始する前の状態は、12-15メートル以上歩くことは出来ず、左手はフォークを持ったり、衣類を身につけたり、通常左手を使ってする動作は全く出来なかった。
我々は、一回当たり、5000万個の幹細胞を5日ごとに投与した(合計、2億個、4回)。同時に幹細胞の成長因子を一日置きに投与した。
最初の投与後、何らかの進歩が見られた。1月後、患者は50-60メートル歩けるようになり、左手の機能は劇的に改善した。
その成功を更に持続させる為、濃縮した2mlの幹細胞(1ml当たり450万個)を脊髄液に注入した。濃縮した幹細胞を2回投与後、彼は150-200メートル歩けるようになり、左手の機能は回復し、左手で衣服のボタンを掛けられるようになり、左手でフォークを持って食事が出来るようになった。
現在、彼の状態は日々、改善しており、血圧も 140/95-135/90、血糖値も 5.2-6.0 mmol/lを保っている。担当していた神経医は、彼の改善に驚き、信じがたいと言っている。
(質問)
1. 幹細胞の投与方法について、具体的に説明して欲しい。
我々は、一回5000万個の幹細胞を5日毎に4回、合計、2億個をIV(静脈からの点滴)で投与したが、皮下に投与することもできる。我々は、患者の静脈が貧弱で、もろい場合には点滴ではなく皮下投与で行う場合もある。患者によっては、静脈への点滴を怖がったり、アレルギーのリスクがある場合もある。
その後、成功を持続させる為、2 mlの濃縮された幹細胞(450万個の幹細胞 1 ml)をLPにより脊髄液に投与した。
2. 全ての片マヒの症状は改善したのか?
改善が始まったといえる。
3.何故、症状は改善が始まったのか?
症状の改善は、脳の破壊された部分が、再生療法により一部修復された為と考えている。
4.破壊された脳が再生されるのか?
破壊された脳は再生される事は無い。しかし、脳のAXON(軸索)が少しでも生き残り、機能を発揮できれば、再生医療は新しい脳細胞の形成を刺激する事が出来る。
5.患者の血圧低下は、再生医療によるものか?
  通常、ある脳卒中の患者の血圧は、自動的に低下するが、そうでない場合もある(原因はハッキリしない)。そこで、我々は、高血圧症の患者の治療に、再生医療を使う事は無い。この患者の場合、血圧の低下が再生医療でもたらされたものか否かは、ハッキリ言えない。脳卒中の結果ともいえるし、脳卒中と、再生医療の療法の結果とも言える。

Prof. Hayk Minasyan, M.D., Ph.D., D.Sci., Medical Director of American-Armenian Health Development Center, Professor of Extremal Medicine Chair of National Health Institute of Republic of Armenia
               隣家のバラ

DSC_1023aa.jpg


スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://greenmed0525.blog35.fc2.com/tb.php/100-35692226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。