光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
09 | 2014/10 | 11
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

新再生医療の治験結果
2014.10.13
13 名の患者を対象とした治験結果 (8 脳卒中, 2 ALS, 2 MS, 1 Alzheimer's)

ミナスヤン博士より新再生医療を13名の患者で実施した治験結果の報告がありました。対象者は8名の脳卒中、2名のALS,2名のMS(多発性硬化症)、1名のアルツハイマー病の患者で、自発的に応募された方々でした。実施時期は、一部が昨年末、大多数は今年になってからからです。治療効果の評価は、公正性を保つ為、神経科医のSurmelyan Gevork医師が行いました。

      疾患名      症状の改善   患者満足度 (新再生医療に対する評価)
患者 no.1 脳卒中         4           4
患者 no. 2 脳卒中         3           4
患者 no.3 脳卒中         4           5
患者 no.4 脳卒中         5           5
患者 no.5 脳卒中         4           5
患者 no. 6 脳卒中        3           4
患者 no.7 脳卒中         4           5
患者 no.8 脳卒中         4           5
患者 no.9  ALS          3           5
患者no.10  ALS          3           4
患者 no.11 MS(多発性硬化症) 3           4
患者 no.12 MS           4           5
患者 no.13 Alzheimer’s     2           4

1 – 変化なし
2 - 大した変化なし
3 – 適宜な改善
4 – 良い結果
5 – 優れた結果

ミナスヤン博士の新再生医療治療を検討したい場合、メイルで下記をご連絡下さい。
連絡先のメイルアドレス:inouemasayuki09@gmail.com
1.氏名、性別、年齢、住所、電話番号
2.疾患名
3.発症の時期、治療経過、現状
4.片麻痺の場合、麻痺の詳細、身体の左が右か両方か、麻痺の程度、手(指は動かせるか、物を掴めるか)、足(杖なしで歩けるか、歩行可能距離、車椅子を必要とするか)、 口(言葉は明瞭に話せるか、困難があるが可能か、正常に飲食が出来るか)、不安感の内容、現在、血圧は降圧剤で制御されているか等
5.アルメニアに治療に行く場合、一人で行くことは可能か、家族が同行するか
以上です。宜しくお願いします。
井上正之






スポンサーサイト


プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する