光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
08 | 2014/09 | 10
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALSに著好、新再生医療による治療の2症例
2014.9.30

ALSに著好、新再生医療による治療の2症例

ミナスヤン博士から新再生医療によるALS治療の2症例を送って来ましたので、ご紹介します。 これまで日本からも3名のALS患者がアルメニアを訪問し、再生医療による治療を受け、治療直後は顕著な回復が確認されましたが、治療効果が長続きしませんでした。 原因は、ミナスヤン博士による3人のALS患者の血液分析結果によると、いずれの患者の血液中にも3種類の毒素と正体不明の微小生物が発見され、培養中の幹細胞中に極く少量、血液を滴下しただけで、7割の培養中の幹細胞が死滅し、幹細胞を体内に投与後も、同じような現象が起こったものと推定されました。 これに対する対策としては、ミナスヤン博士は、培養中の幹細胞に患者の血液を極く少量づつ加えて、幹細胞に抵抗力を付ける方法を考案しましたが、実行する機会はありませんでした。
しかし、新再生医療の場合は、患者自身の冬眠中の幹細胞を刺激して目覚めさせ、治療に使おうというもので、ALS患者の場合であっても、自分自身の幹細胞は抵抗力をあらかじめ持っており、その為に治療効果が永続するのではないかと、ミナスヤン博士は述べております。 新再生医療の利点は、患者がアルメニアを訪問しなくとも、家族が詳細なデータを持参して、注射及び経口の薬品を持ち帰り、博士の詳細な指示に従って治療を実行できる点で、移動が困難な重症の患者でも幹細胞治療を受けられる点で、画期的な進歩であると思います。

新再生医療によるALSの治療例

1.患者HF、38才、男性。 モスクワ在住のロシア人。 18ケ月前、手足に力が入らなくなり、呼吸が困難で、ゆだれがひどく、痰もひどくなった。 彼は神経疾患専門の病院の神経部門に入院した。診察の結果、ALSであるという診断がくだされた。患者は、ニルゾール(リルテック)、ビタミン、ミネラル投与の治療を受けた。しかし、ALSは急速に進み、間もなく、彼のしゃべる言葉は判らなくなり、飲み込む事が難しいという状態になった。患者は自宅に送り返され、家族はALSの進行をスローダウンさせる望みは無いと告げられた。ALSは急速に進み、予後は非常に悲観的であった。リルテックが多少とも効果がある唯一の薬であると勧められた。リルテックを飲んでいたが状態は益々悪くなり、7ケ月前、呼吸停止を避ける為、気管開口術が実施され人工呼吸器を使用する事となった。暫くして、患者は嚥下ができなくなり、栄養補給のため、胃にチューブが差し込まれた。
家族は最後の希望としてSCST療法を希望した。患者はモスクワからイェレバンまで来る事は不可能であった。何故なら、空港や航空機の機内で、機械的な人工呼吸器に適切な電圧の電力を補給することは不可能であったし、患者は移動禁止の状態であった。そこで、患者の姉がイェレバンに来て、SCSTのゴールドプログラム(イェレバンで4日間の注射と投薬、帰国後4月間の投薬、US$40,000)に必要な医薬品と詳細な指示書を受け取り帰国した。
4ケ月の注射と投薬後、患者の病気の悪化は停止し、多少、症状は改善した。患者の喋り方は良くなり、理解できるようになった。1日の内、6~9時間は機械的な人工呼吸器無しに呼吸できるようになり、少量の食物や飲み物を飲み込む事が出来るようになり、筋肉の痙性は減少し、手や足をより良く動かせるようになった。家族は結果に満足しており、患者のALSの行方を見守っている。状態が比較的に長期間継続するようであれば、患者にSCSTの第2コースを開始する事を考えている。

2.患者JG、58才、女性。 3年前、歩いている最中に足の筋肉に痙攣を起こし、コンピュータのキーボードを叩いている最中に指の筋肉に痙攣を起こした。 間もなく、彼女は歩行中に非常に疲れ、タイプをしている時、指のコントロールが出来なくなったことに気がついた。 その後、彼女は車の運転が出来ない事に気がついた。 何故なら、彼女は車まで歩き、中には入り、ハンドルを操作出来なくなったからである。 暫くして、便秘がひどくなり、物を飲み込んだり、しゃべるのが難しくなり始めた。 彼女はかかりつけの医者の処へ行き、医者は神経科のクリニックを紹介した。 そこでMRIによる診察が行われた。 彼女はALSという診断を受け、リルゾーるが処方された。 しかし、状態は悪化を続け、9ケ月前、患者はSCST療法を希望した。 SCST療法を開始して4ケ月後、便秘、飲み込み、しゃべる事の問題は解消した。 彼女はコンピュータキーボードをゆっくり叩けるようになった。 しかし、彼女はまだ足と手に痙攣があり、車の運転が出来ず、短距離しか歩けなかった。 SCST療法を開始してから、彼女の状態は安定しており、5ケ月間、症状の悪化は無い。

. ミナスヤン博士の新再生医療治療を検討したい場合、メイルで下記をご連絡下さい。
連絡先のメイルアドレス:inouemasayuki09@gmail.com
1.氏名、性別、年齢、住所、電話番号
2.疾患名
3.発症の時期、治療経過、現状
4.片麻痺の場合、麻痺の詳細、身体の左が右か両方か、麻痺の程度、手(指は動かせるか、物を掴めるか)、足(杖なしで歩けるか、歩行可能距離、車椅子を必要とするか)、 口(言葉は明瞭に話せるか、困難があるが可能か、正常に飲食が出来るか)、不安感の内容、現在、血圧は降圧剤で制御されているか等
5.アルメニアに治療に行く場合、一人で行くことは可能か、家族が同行するか
以上です。宜しくお願いします。
井上正之


スポンサーサイト
ミナスヤン博士により画期的な新再生医療が開發され、治験が終了しました。
2014.9.23

ミナスヤン博士から新再生医療の治験を終了し、多くの治療困難な疾患にたいする有効性と安全性を確認したとの連絡がありました。 それがどのようなものか、概要と症例をご紹介します。

1. 最も効果のある再生医療とは

人間の成長は、女性の卵子が精子を受精して開始される。 卵子は分割を始め、胎生幹細胞と呼ばれる細胞を形成する。 これらの幹細胞は分割を続け、胎児の皮膚や内蔵を形成する。 しかし、これらの幹細胞の幾つかは、冬眠状態となり、彼又は彼女の人生中に内蔵や組織を修理するためのスペアパーツとして保存される。 新しく誕生した子供は、生きていくための全ての内蔵と組織に加えて、性別により決められるある量の幹細胞を持っている。 新生児は最大量の幹細胞を持っており、生存中に身体の修理の為に使用される。 幹細胞の数は老衰にいたるまで次第に減少する。 新生児も老人も幹細胞を持っている。 しかし、その数は生まれた時に最大で、老人では最小である。 その上、新生児では“救助信号”に敏感で、容易に活性化されるが、老人の場合は、刺激に対して鈍感で、活性化にはより時間がかかる。 最も効果的な幹細胞治療は胎児の幹細胞を使用したもので、次のように行われる。排卵の際、腹腔鏡により卵子が取り出され、通常は受精される(受精無しに増殖される場合もある)。 胎児が増殖を開始する時、幹細胞に分離され、これらの細胞は、成長因子、ペプチド、特別の蛋白質、ミネラル、ヴィタミン、刺激剤を入れた媒体に入れられる。 1mlの液体中の幹細胞がある目標値に達すると(通常は1ml当たり100万又はそれ以上)、彼又は彼女の患者の病気治療のために注射される。これらの幹細胞は、患者の体内で、修理を必要としている内蔵や組織の“救助信号”に従って配分される。 この配分の課程は、医師によりコントロールする事は出来ない。 胎生幹細胞は、集合した際、内蔵や組織の修理を開始する。 もう一つの問題は、培養液の中の人工的な良好な状態から患者の体内に注入された際、病気の患者の体内の友好的では無い条件の中では生き延びる事が困難になる事である。 そこで、幹細胞が患者の有機体の中で生き残る為の療法が必要になる。 患者は、人工培養で使用される成長因子、ペプチド、特別のタンパク質、ミネラル、ビタミン、刺激剤、増殖シグナル伝達因子が使用される。 しかし、現在、胎生再生医療は多くの国で禁止されている。 理由は、多くの国の政府、宗教団体、キリスト教会は人間の胎生細胞の分解は殺人であると考えているからである。 他の源の再生医療(骨随、臍帯血、脂肪組織、結合組織等)胎生再生医療に比較して効果が少ないと考えられている。 流産児は通常汚染されており、非常に危険である。

2.新再生医療とは

別の角度からのアプローチは患者自身の幹細胞を刺激する方法(SCST)である。 老人と云えども自分の内蔵や組織を修復するのに充分な幹細胞を持っている。 これらの幹細胞は“ゆっくり休眠”しており、老人の身体の他の場所からの“救命信号”に対しても鈍感である。 そこで多くの場合、人は自分の幹細胞を修理や回復の為に使用しないで死亡する。 人は同じ年齢であっても、それぞれ異なった量の幹細胞を有している。 その量は、生まれた時の初期値(遺伝的に決められる)と使用された幹細胞の量により決定される(人生中に健康問題を抱えると、それだけ多くの幹細胞が使用される)。 新再生医療(SCST)は、同じ成長因子、ペプチド、特別のミネラル、ビタミン、刺激剤、増殖シグナル伝達因子など、幹細胞の人工培養の際使用されるものと同じものが使用される。 これらのものは、患者に注射、経口などで患者自身の幹細胞刺激のために与えられる。 これらの物質は患者の身体に絶対に安全である。何故なら、人工培養の際に細胞に対して安全であることが確認されているからである。 しかし、非常に稀なケースとしてアレルギー反応が起こる場合がある。 新再生医療(SCST)は胎生再生医療よりもゆっくり働く。 そして、治療効果は、患者自身の幹細胞の数によって決まる(好結果の程度を予測するのは難しい)。 しかしながら、新再生医療は安全であり、非常に有効な治療法であり、しばしば(西洋医学の見地からは)治療や改善の見込みの無い患者に対しても好結果をもたらす事は間違い無い。

3. 新再生医療の治験例(その一)

患者GJ、38才、男性。
5年前、彼の上司と論争中に脳卒中を発症。病院にて3週間の治療の後、リハビリ病院に転院して6ケ月のリハビリプログラムを終了して帰宅したが、右手、右足の機能障害と言語障害が残ってしまった。彼は右手の指を動かす事が出来ず(触感は残っていた)、右手を曲げたり、挙げたりする事が出来ず、右足は力が入らず、歩く事は出来なかった。言語は或る音の発音に問題がある為、聞き分ける事が出来なかった。
そこでシルバープログラムの新再生医療(入院して3日間の注射と投薬、帰宅後3月間の投薬)を受ける事になった。その結果、患者の言葉を理解する事が可能になって患者との会話が可能になり、右手で小さい物を掴む事が可能になり、指を動かす事も可能になった。彼は短距離であれば杖をついて歩けるようになった。

ミナスヤン博士の新再生医療治療を検討したい場合、メイルで下記をご連絡下さい。
連絡先のメイルアドレス:inouemasayuki09@gmail.com

1.氏名、性別、年齢、住所、電話番号
2.疾患名
3.発症の時期、治療経過、現状
4.片麻痺の場合、麻痺の詳細、身体の左が右か両方か、麻痺の程度、手(指は動かせるか、物を掴めるか)、足(杖なしで歩けるか、歩行可能距離、車椅子を必要とするか)、 口(言葉は明瞭に話せるか、困難があるが可能か、正常に飲食が出来るか)、不安感の内容、現在、血圧は降圧剤で制御されているか等
5.アルメニアに治療に行く場合、一人で行くことは可能か、家族が同行するか
以上です。宜しくお願いします。
井上正之



プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。