光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
12 | 2014/01 | 02
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アルメニアの再生医療は腎臓病にも顕著な効果がありました。
2014年1月15日(水)         曇、雪模様

再生医療で麻痺で動かなった左腕、左手の指、左足の指が動くようになったAさんの糖尿病腎症の症状が改善し透析の必要がなくなったという報告がありました。

昨年の11月中旬、アルメニアを訪問し、ミナスヤン博士の再生医療治療を受けて帰国したAさんの片麻痺が画期的に改善した事は12月4日のブログ"でお伝えしましたが、昨年の大晦日、アルメニアに同行したS先生の診療所に家族と一緒にお礼に見えたそうです。
S先生の話では、Aさんの顔色は見違えるように良くなり、手足の動きも帰国時よりも格段に良くなったのには驚いたそうです。その際、Aさんは、アルメニアに出発の前、糖尿病腎症の治療をお願いしていた先生から、腎臓の状態が非常に悪くなっているので、出来るだけ早く人工透析を開始した方が良いと言われており、再生医療は腎臓病にも効果があると聞いていたので、一縷の望みをアルメニアでの再生医療治療に託していたが、帰国後にその先生の病院に伺い検査を受けた処、腎臓の具合は悪くなっていないので、当分人工透析はしなくても良いと云われて、ホッとしたとの話でした。

Aさんの再生医療治療の結果、腎臓の状態が改善したとの報告はミナスヤン博士からありました。
ミナスヤン博士は11月29日付けの報告書で次のように述べておりました。
Aさんは同じ内容の説明をミナスヤン博士から受けて帰国しましたが、日本の先生に透析の必要は当面無くなったという説明を受ける迄は、腎臓の状態が良くなった事を信じられなかったようです。

”Aさんは血圧140-180/90-110mm Hgの状態で病院においでになりましたが、治療開始後、125-145/70-80mm Hgの状態に下がりました。血圧の低下は主に、腎臓の状態の改善によるもので、特に、腎臓の透過機能の改善によるものです。通常、腎臓の働きが悪くなり始めると、透析率が低下し、透過率の改善のため、生理機能は血圧の高めてレニン、アンギオテンシンなど圧力を高める要素を生産します。腎臓の機能改善は血圧の正常化をもたらします。クレアチンと尿酸値の減少は、腎臓機能改善の間接的な証拠です。
Aさんのクレアチンレベルは、466から398に低下し、尿酸値は20.3から16.1に低下しました。これはAさんの腎臓が回復したことを意味しません。これは、腎臓の状態が改善したことを意味し、暫くしてから人工透析は必要になるかも知れませんが、透析はまれになり、必ずしも直ぐにやらなければならないという意味です。”
以上ですが、日本人は矢張り日本の先生から説明を受ける迄は信じられなかったようです。

ミナスヤン博士にAさんがS先生の処へ家族同伴で見えて、アルメニアでの再生医療治療に非常に満足している旨を伝えると、Aさんに是非、セルフリハビリをハードに実践してくれるよう伝えて欲しい。理由は、幹細胞は体内に注入後約5月間生存し、患者の内蔵を修復するので、その間にリハビリを熱心に実施すれば、Aさんが健康な身体を取り戻す事は夢では無いとのコメントを寄越しました。われわれもAさんを励まし、奇跡的な健康回復を支援したいと思っております。

アルメニアで再生医療治療を検討したい場合、メイルで下記をご連絡下さい。
メイルアドレス:inouemasayuki09@gmail.com
1.氏名、性別、年齢、住所、電話番号
2.発症の時期、治療経過、現状
3.片麻痺の詳細、身体の左が右か両方か、麻痺の程度、手(指は動かせるか、物を掴めるか)、足(杖なしで歩けるか、歩行可能距離、車椅子を必要とするか)、口(言葉は明瞭に話せるか、困難があるが可能か、正常に飲食が出来るか)、不安感の内容、現在、血圧は降圧剤で制御されているか等
4.アルメニアに治療に行く場合、一人で行くことは可能か、家族が同行するか
以上です。宜しくお願いします。
井上正之





スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記



プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する