光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
11 | 2013/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳出血の後遺症の片麻痺治療に再生医療が驚異的効果!
2013年12月4日

脳出血の後遺症である片麻痺の治療に、再生医療が驚異的な効果がありました。

今年の11月の中旬、昨年の5月に脳出血を起こし、一命は取り留めたものの左半身に重度の片麻痺の後遺症のある患者Aさん、44才、男性がアルメニアに行き、10日間滞在、ミナスヤン博士の再生医療の治療を7日間受けて帰国しました。この方は片麻痺の他にも糖尿病、糖尿病腎症、高血圧症、突発性難聴などの既往症のある方で、片麻痺の治療と共にこれらの症状の改善も希望し、通常の約2倍の幹細胞の投与を受けました。
Aさんの回復について、ミナスヤン博士の治療報告の一部を紹介します。

ミナスヤン博士の報告書から
”Aさんはイズミリアン病院に車椅子で到着しました。彼は麻痺した左手と指を動かしたり曲げたりすることが出来ず、大きさに関係無く、物を握ったり保持することが出来ず、指で触れても何も感じることは出来ませんでした。7日間の治療後、彼の左手の指の感覚は完全に回復し、彼は最も軽やかな優しいタッチで触れても感じ始め、指を動かし、ジュースの入ったコップでもコーヒーカップでも掴んで保持することが出来るようになりました。彼は左手を曲げる事が出来るようになり、グラスやカップ等の小さな物を胸の高さまで引き上げる事が出来るようになりました。彼は短い距離であれば杖無しに歩けるようになりました。”

Aさんの回復の様子については、ミナスヤン博士に依頼してヴィデオを撮影し、YouTubeにアプロードしてもらいました。Aさんの回復の様子が良く判ります。是非、ご覧ください。再生医療の特徴ですが、投与された幹細胞は5ケ月間は生きているので、Aさんは日本に帰国後もリハビリを継続することで、もっと回復することが出来るとの事です。

投稿されたYouTubeのアドレス
https://www.youtube.com/watch?v=7c0884e1BG8
https://www.youtube.com/watch?v=lxasy6grNxs
http://youtu.be/nxojQyXi1TU
http://www.youtube.com/watch?v=nxojQyXi1TU&feature=youtu.be
http://youtu.be/DIvW3kyhQy8
http://youtu.be/tHHdYvORYgQ
http://youtu.be/CoDUY1kw_ls
http://youtu.be/FFSIq6ggL40

アルメニアで治療を検討したい場合、メイルで下記をご連絡下さい。
メイルアドレス:inouemasayuki09@gmail.com
1.氏名、性別、年齢、住所、電話番号
2.発症の時期、治療経過、現状
3.片麻痺の詳細、身体の左が右か両方か、麻痺の程度、手(指は動かせるか、物を掴めるか)、足(杖なしで歩けるか、歩行可能距離、車椅子を必要とするか)、口(言葉は明瞭に話せるか、困難があるが可能か、正常に飲食が出来るか)、不安感の内容、現在、血圧は降圧剤で制御されているか等
4.アルメニアに治療に行く場合、一人で行くことは可能か、家族が同行するか
以上です。宜しくお願いします。
井上正之



スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記



プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。