FC2ブログ
光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
06 | 2011/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本から初めてのALS患者さんが再生医療治療を受けました
2011年7月21日(木)              晴れ

アルメニアの SHANGEVIT Medical Centerで再生医療治療がスタートしたという情報は6月30日に提供しましたが、
その後、日本から初めて、68歳女性の患者さんが、家族2名が同伴して、アルメニアを訪問し、10日間滞在し、再生医療治療を受け、先週末、無事、帰国しました。アルメニア到着後、現地でミナスやん博士の診察を受け、体の状態、ALSの進行状態などを正確に把握してから、まず、幹細胞が投与されたあと、患者本人の体に受け入れられ、治療効果が上がる為の受け皿作りの治療を行い、次いで、静脈経由で幹細胞を投与しました。細胞数は、3回合計で、1億5000万個という最高レベルの治療が行われました。

治療効果ですが、もし、2,3週間遅ければ、嚥下、会話も不可になる直前で、それらの症状は食い止められたようです。博士からの報告では、患者の顔色も黄色帯びていたのが、いきいきした顔色になり、腕も肩のレベルしか上がらな方のが頭まで上がるようになり、食べたりしゃべったりするのが、楽にできるようになった。時間が経つに従って、身体状態は改善するはずであるとのコメントでした。
帰国直後は、両足が腫れ、歩行困難な状態だったようで、心配しましたが、博士の見解は、長期の飛行機旅行によりエコノミー症候群の一種で、あまり心配する必要はない。利尿剤を日本の医師に処方してもらうように指示があり、マッサージも受けた結果、改善されて来たとの報告がありました。

もし、治療効果が確認できれば、世界で最初のALS治療の成功例です。なでしこジャパンに次ぐ快挙さと思います。
良く、勇気を持ってアルメニアでの治療を決断された、ご本人とご家族の英断に心から拍手を送ります。

患者さんも女性、随行された娘さんも女性。日本の女性の思い切った決断、行動力を何もできない日本の政治家達に学ばせてやりたい。

DSC_2805.jpg





スポンサーサイト

テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記



プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。