光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
10 | 2009/11 | 12
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

マッターホルンの景色は素晴らしいの一語に尽きる!
2009年10月16日(金)                                    晴れ

ホテルのテラスから見えるマッターホルンに朝日が当たる姿は、素晴らしいの一語に尽きた。 
DSC0517g.jpg

42年前は、リフトに乗ってマッターホルンの麓まで行き、それから歩いてマッターホルン小屋まで登ったが、今回は、ケーブルを2回乗り継いで、マッターホルンを近くから正面に見られる展望台まで行くことにした。もう1回ケーブルに乗ると、標高3800メートルを越えるグレーシアパラダイスまで行けるが、ケーブルを降りてから約100メートルの急な階段を登らないといけないので、これはわれわれの年齢を考え、敬遠することにした。 正解であったと思う。
DSC0605h.jpg



スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

42年ぶりに見るマッターホルンは素晴らしかった!
2009年10月15日(木)                                晴れ

1967年9月16日から3日間、ツエルマットに家内と滞在し、マッターホルンの眺望を堪能した経験を再現したいと、今回、グリンテルワルトの次にツエルマットに向かったが、期待どうり、素晴らしいマッターホルンの眺望を充分堪能することが出来た。 前回泊まったホテルの部屋からマッターホルンを見る事は出来なかったが、今回は、予約した後、メイルを入れ、”超過料金を払っても良いからマッターホルンの見える部屋を用意してくれるよう”依頼してOKとの返事を貰っていたが、朝から晩までマッターホルンを正面から見える部屋に泊まることが出来、最高だった。
ホテルのレストランからもマッターホルンが見え、これも最高の気分であったが、登山電車でゴルナーグラートの展望台に登ったが、途中からもマッターホルンの姿が色々な角度とあたりの景色との組み合わせで見られ、スイスの観光資源としても、マッターホルンがNO.1であることを実感できた。 ゴルナーグラートも標高が高いので、気温はマイナス13度であったが、天気が良かったので、屋外でワインを飲みながらマッターホルンの眺望を楽しむことが出来た。
          ゴルナーグラートからのマッターホルン
DSC0281e.jpg

ホテルに帰り一休みしているうちに夕方になり、丁度マッターホルンの裏側に太陽が沈んだので、マッターホルンにかかる雲が刻々と変化し、マッターホルンが夕闇に溶け込んで行く姿を楽しむことが出来た。これも最高の気分であった。
          夕日のシルエットになったマッターホルン
DSC0478f.jpg

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

列車の旅は移動が負担でした
2009年10月14日(水)   グリンテルワルトからツエルマットへ          晴れ

スイスの列車旅行の良さは、運行が時計のように正確なことですが、最大の欠点は、ホームと地下道間のエスカレータが無い事で、列車の乗り換え時には、重いスーツケースをホームから地下道まで運び、乗り換え先のホームを見つけて持ち上げることで、グリンテルワルトからツエルマットへ行くまでに3回乗り換えますが、えらい負担で、ツエルマットのホテルにチェックインして部屋に入ったなりベッドの上に倒れ、2時間ほど動けませんでした。 家内が心配して東京の息子に電話して、救急搬送してもらおうかと思ったほどです。
水をペットボトル一本分飲み、2時間ほど横になっているうちに生き返りましたが、重い荷物を持って来たことをつくずく後悔しました。 それに加えて、グリンテルワルトでアイガーの夜明けの写真を撮る為、5時にホテルを出て、寒い丘で2時間、寒さに振るえて風邪気味になったのが、移動中にぶり返し、寒気がするので、新型インフルエンザになったかと心配にもなりました。 ともかくも、憧れのマッターホルンの見えるツエルマットに到着したので、ホテルまで、スーツケースを引きずり、パソコンと三脚の入ったナップザックを背負い、カメラ、望遠レンズの入ったショルダーバッグを肩にかけて、ホテルまで歩きました。
ホテルの前の橋の上からマッターホルンが見えた時は感激でした。
            午後のマッターホルン
DSC0450d.jpg

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

ユングフラウヨッホは零下13度でした
2009年10月13日(火)---その3                        晴れ

今日は42年ぶりにユングフラウヨッホに登山電車で登ることにしました。グリンテルワルトの駅で往復切符を購入、登山電車の出発駅までバスで行き、電車に乗りました。42年前はクライネシャイダックまでトレッキングしましたが、今回は、山道にはところにより雪があるのと、時間も限られているので、登山電車を出発点のグリンデルワルトから乗り、クライネシャイダックで、別の車両に乗り換えました。この時、効果を発揮したのが、前日、グリンテルワルトの駅で、グリンテルワルトからツエルマット、サンモリッツ、テイラノ経由でミラノまでの乗車券を購入した際、窓口の若い駅員から薦められて購入した、外国人用半額パスで、登山電車、ケーブルなど全ての乗り物が半額になり、大いに助かりました。
今回の旅行でもう一つの良い点は、日本人のツアーに全く会わなかったことです。 スイスはもう冬で、旅行シーズンオフの為でしょう。 日本人の欠点でしょうか、日本人ツアー客に会うと、必ず、いやな思いをします。 最近は、韓国人、中国人の団体旅行にもよく出会いますが、日本人の団体旅行客ほど、マナーをわきまえない人種はおりません。 海外旅行の一番の魅力は、綺麗な景色を楽しむこともありますが、現地の人や旅行中に会った人との会話を楽しむ点にもあるので、日本人が国際感覚とマナーを身に着けることを期待しますが、当分は無理なようです。
登山電車の終点からエレベータで登り、コンクリートで覆われた遊歩道を歩いて、ユングフラウヨッホの展望台に出ましたが、天気は晴れというのに気温は零下13度、早々にカフェレストランのある場所に戻り暖かいコーヒーを飲みながら、周囲に広がるスイスアルプスの景観を楽しんだのは最高でした。
        ユングフラウヨッホの展望台からの景観
DSC0288c.jpg

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記



プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する