光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
05 | 2009/06 | 07
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ガンを眠らせる新療法
2009年6月21日(日)                         雨のち曇り

今日は朝から雨で、犬の散歩はしんどかった。いつもの善福寺川公園の散歩コースで会った犬は2匹だけで、こちらも短縮コースで済ませることにした。
今朝、海外の友人の医学博士から、かねて研究していたガンを眠らせる新療法がついに完成したとのメイルが入っていた。この新療法は、当家の愛犬、ノエルがガンになった時、探しあてた画期的な治療法で、昨年の2月末、共同研究をした3つの国の研究所で、それぞれ治験を済ませがノエルには間に合わなかった。実際の治療は各国で開始していたが、ただひとつの難点があった。ガン細胞は死ぬが、末期ガンで多数のガンが全身に転移している場合や、ガンが大きく、且つ手術できない場合、新療法でガンは死ぬが、ガンの死骸の有毒物質が肝臓や腎臓を壊し、ヒトも死んでしまう。なんとか、ガンの進行を止め、出来れば眠らせて、共存できないかという点であったが、これの目途がようやく付いたとの事であった。
この新療法は、各国の研究所の申し合わせで、一切、外部に公表しない、直系の病院だけで使用するとのことで、この点は非常に残念であるが、わが国でも同様の研究は進んでいると思うがどうであろうか?臓器移植もWHOの指針で、海外の患者の対応を止め、自国内で行う趨勢に合わせ、法律改正が衆議院を通過したが、新薬なども自国内だけで使用する方向に行くかも知れない。日本の厚生労働省は、海外からの日本市場への進出を抑え、日本国内の製薬会社保護の為の規制を継続しているが、政権交代が実現し、官僚支配、官僚の権益維持のための規制が緩和されても、その時は、日本国内の患者は、日本国内の技術、ノウハウでまかなってくれ、俺達は知らないよという時代が目前に来ている気がする。箱物に膨大な金額を投ずるよりも、新医療、新技術の開発に予算をつけて方が良いに決まっていると思うが、世の中は常識が通らなくなっているようである。
DSCN2047aa.jpg

スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

低出力レーザ療法のアンチエージング効果
2009年6月14日(日)                         晴れ

低出力レーザ光に、アンチエージング効果はあるのか?

7月4,5日の二日間、神戸で日本レーザ治療学会が開かれるが、主要テーマは”アンチエージング”である。どのような報告が行われるのか楽しみであるが、私も過去21年間、低出力レーザ治療器は自分でも使っているが、確かにアンチエージング効果はあると実感している。世の中には、サプリメント、食品、若返り治療法などアンチーエージンブ、若返り法が氾濫していいるが、殆んどは誇大広告か、気休めだと思う。 近赤外線レーザ光に細胞活性化効果があることは、1967年、ハンガリーのメスター教授が低出力レーザー治療を開始する前に行った数々の科学的実験により証明されている(レーザメスでの手術の創は、普通のメスの倍の早さで治癒する、豚の背中の毛を剃り、左はレーザ照射、右は照射しないと、照射側の毛は倍以上の速さで成長する)。 当時から細胞レベルで生体を活性化させることは間違い無いと確信されていた。 しかし、レーザ光がどのようにして生体を活性化するかは長年の謎であった。 しかし、これも、最近ではDNAレベルで働くことが解明されている。 老化のメカにズには諸説あるが、DNAの端にタイムカプセルがあり、一年で一個ずつ端が切れていくという説が有力である。 これを修復する酵素があり、 低出力レーザ光には、この酵素を活性化するという説もある。 ここまでは未だ解明されていないが、中高年男性のED改善効果は臨床的に確認されており、男性の若返りには手っ取り早い。 患者治療に使っている先生もいる。 どういう方法かは業務上の秘密なので明かせないが、ヒントとしては、海外の友人が薦めてくれた言葉”Erection without Ejaculation、淫して漏らさず”という状態を長く実現すれば良い。 この状態中、年齢とともに減少する、テトラステロンという男性ホルモンが分泌されるとのことである。 実現するには、勃起中枢神経のツボを低出力レーザで刺激してやれば良い。効果は抜群で副作用、薬害の心配も全く無い。 但し、最近わが国で主流になっている高出力のレーザ治療器にはこの効果は無い。生体活性化ではなく、生体抑制効果になってしまう。
DSCN2041bb.jpg

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

最近感じたこと
2009年6月8日(月)                         雨

日本のマスコミは腑抜けか?

6月6日のサッカーでウズベキスタンに勝ったのは良かったが、シリアの審判は本当にひどかった。岡田監督まで退場させられたのは呆れたが、試合後のインタビューで、アナウンサーが岡田監督に感情的になったのかという質問をしていたアナウンサーにはモット呆れた。シリアの審判団が賄賂も貰っているのではないかと疑いたくなるような判定をしているのを見ていた日本人の質問とは思えない。日本人は腑抜けになったのかと疑いたくなる。

麻生首相はスタートレックを見るべきだ!

6月1日(月)に家内と新宿にスタートレックを見に行った。今までのスタートレックとは桁違いにストーリー、CG、音響とも素晴らしかったが、宇宙船が危機に遭遇した時のカーク新艦長の一瞬の決断を麻生首相に見せたかった。SFエンターテイメント映画だが、教育映画でもある。最近、麻生首相の軽率な判断、その後の訂正によるブレが目立ち、国民は不安にさいなまれているが、この映画を見ると、リーダーというものはどういうものか良く判る。一国のリーダーは100年に一度の危機に遭遇した時、一瞬にして対応策を決断してブレないことで、日本国民も安心する。丸投げしていては、危機は乗り切れない。リーダーの資格の無い首相に日本国の将来をゆだねる国民(私も)が気の毒である。

小室直樹博士の著作にハマッテいる!

たまたま息子が”日本人のための宗教原論”という本を図書館で借りて来た。面白いから読めというので読んで、面白いので図書館で検索して5冊ほど読み、継続して読んでいるが、非常に鋭い視点で、日本、日本人の問題点をついており、面白いし、非常に参考になる。10年ほど前の著作で、現在我々が直面している問題点を明確に指摘しており、歴代首相も特別アドバイザーに任命しておけば良かったのにとつくづく残念である。日本全体の無気力感(アノミー)、少子化、高齢化、年金、厚生、医療、派遣切り、経済危機、教育問題などなど全ての問題点の原点は何か、良く判るようになる。素晴らしい。一読をお勧めする。
         善福寺川公園の雑草の花
hana-1.jpg



テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記



プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する