光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
03 | 2009/04 | 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALSの治療法
2009年4月30日(木)                        晴れ

一月ほど前、友人の治療家からALSの患者の治療を頼まれたがうまく行かない。良い治療法を知らないかとの問い合わせを受けた。ALSという難病中の難病があることをご存知だろうか?知らなかったので調べて見ると、運動選手がなり易く、はじめは手足の運動神経が効かなくなり、次第に症状が全身に及び、最後に心臓の運動神経がやられて命を落とすという病気で、ALSという診断を受けてから、余命は2から5年というものだとの事。原因、治療法ともに不明とされている。ALSの患者さんのサイトも出来ている。そのサイトを見ると、東北大学の神経科の先生の投稿があり、将来、可能性のある治療法は再生医療だとの書き込みがあった。そこで、昨年、再生医療センターをオープンした海外の友人にALSの治療をした経験があるか、問い合わせてみた。結果は、驚いたことに、最近、ALSと診断され、ドイツであらゆる治療を受けてだめで帰国し、人工呼吸器に入って延命をしていたALSの患者に再生医療を6回施したところ、画期的に良くなり、食事、会話、自力呼吸もできるほど回復した例があるとの返事があった。ただ、この患者は、再生医療を施すと、頭痛と脊髄の痛みに悩まされるので、治療を打ち切りたいと退院したとの事であった。海外の友人からは、もし、日本から治療を受けにくるのであれば引き受けるが、100%効果があるとは保証出来ないが、現在ある治療法の中では最も有力な治療法であろうとの連絡もあった。この結果は、日本の友人の治療家に伝えたが、その後は連絡が無いので、患者さんがどのような判断をしたかは不明である。但し言えることは、現在のグローバル情報化時代では、世界の最先端の医療情報もその気になれば、入手可能ということで、人の寿命も情報収集力次第で決まる時代になったとの感じを強くした。
      善福寺川公園の夜桜と月
DSCN1709aa.jpg

スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記



プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。