光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
09 | 2008/10 | 11
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

日本は世界不況を救えるか?
2008年10月28日(月)                         晴れ

世界の株価は下落を続け、今日の日本の株価はバブル崩壊後の最安値を更新した。もともと日本の金融界に対するサブプライムローンショックは軽微であるという見方であったものが、全く逆になり、日本の株価の下落率が米国、EUを下回っている。テレビに出てくる経済の専門家は、まだまだ悪くなると口をそろえて言っている。政府の対策は後手後手で、全く頼りにならない。それでも日本経済は安泰だと総理は言っている。
全くの支離滅裂で、庶民は諦めの状態で、終戦直後と全く同じような感じである。当然、強いリーダーシップが期待され、抜本的な改革が求められている。その意味では、日本国が欧米の真似でなく、自立する良い機会であろう。
日本人のエネルギーを生かす為には、官僚主導の官僚社会主義国家から真の民主主義国家になる必要がある。なぜ、医療改革が出来ないか、ベンチャー企業が育たないか、ノーベル賞を取るような優秀な学者は米国での研究を望むのか、国民全体で反省する必要があると思う。
先週、10月24,25日の二日間、阿佐ヶ谷ジャズストリート2008が開かれ、今年で14回目だそうだが、初めて家内と訪れた。2日パスポートを買って、二日間で4つの会場を訪れ、日本には才能とエネルギーを持った音楽家がこんなに沢山いるのかと驚いた。素晴らしいエネルギーである。これが日本人の本来持っているエネルギーであろう。日本人は世界で一番のジャズ愛好家だそうだ。ジャズの原点はアフリカの太鼓のリズムだが、日本人も古来、太鼓のリズムは大好きだ。
日本が世界の不況を救うには、このリズム感、躍動感に戻る必要がある。規制緩和が基本的には鍵となる。祭り感覚の総選挙を一刻も早くやる必要がある。
そうは思いませんか?


スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

高齢者を元気にする方法
2008年10月18日(土)                     晴れ

16日(木)、日光に紅葉の写真を撮りに行った。

世界大不況のいり口にあり、世界的株安、国会中継を見ても、日本の将来を明るくするような討議は行われず、世の中は暗い雰囲気に満ちている。明るい話題を見つけるため、中禅寺湖のあたりが紅葉の盛りだという情報を元に、家内と愛犬モニカを車に乗せて日光に紅葉の写真を撮りに行った。6時半出発、東北道から日光ラインを経て、9時過ぎに日光中禅寺湖に到着。中禅寺湖スカイラインの展望台から男体山、中禅寺湖を久し振りに見た。30年ぶり。矢張り、日本の紅葉は素晴らしいと感じた。紅葉を見ながらの朝食は格別。展望台で写真を撮ったが、続々と詰め掛ける観光客は、手に手にデジカメを持ち、写真撮影会に参加した雰囲気。展望台から下って、戦場ヶ原、湯元方面に向かったが、既に車の渋滞、原因は途中の龍頭の滝の駐車場が満杯の為で、一時間程して龍頭の滝の信号を抜けたが、あたりには三脚にデジタル一眼レフカメラをつけ、肩に担いで走り回っている高齢者であふれかえっており、最近のデジタルカメラブームはこれかと思い当たった。
いい親父が、嬉々としてカメラを持って写真を撮るために夢中になっている。生きがいを感じているさまを見て、後期高齢者医療制度の問題だとか、姥捨てだとか言っているが、高齢者にも生きがいを与えれば、若者のような精神になり、夢中になる、これが日本の今後有るべき姿だと感じた。
ゴルフは高齢者割引があり、映画にもシニア料金がある。低迷する消費など言わずに、消費財の高齢者割引を取り入れれば、一機に消費を喚起し、景気を浮揚できる。
こういうセンスを持つ政治家の出現を望む。
湯元から金精峠を越え、沼田に出て関越道で戻ったが、快適なドライブであった。
当方も高齢者の一員だということは、全く忘れた一日であった。DSCN1220-1s.jpg
               中禅寺湖の紅葉

テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記



プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する