光医療、再生医療の実現を目指して
光医療、再生医療についてのトピックスを中心に、21世紀の医療、健康管理、グローバル化における日本人のあり方について私見を表明する。
11 | 2005/12 | 01
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少子化現象の元凶
2005年12月23日(金)              晴れ


新聞は日本の人口が減少に転じたというので、大騒ぎ。今に始まったわけではない。結婚を奨励し、子供を作り育てる支援策を施行しないで、結果だけを見て騒ぐというのが日本人の特徴か。30歳台の男性の未婚率が46%という記事もあった。結婚しない理由の第一は、経済的不安である。将来、収入が上がる見込みが無い。リストラにあうかもしれない。このような不安感の満ちた社会にした元凶は、政治家、官僚、企業である。フリーターが450万人いるといっても根本対策を講じない。現在の企業利益の源泉はリストラと正社員を減らし、フリーターに頼る企業理念にある。コストダウンは出来るが、社会の根元を侵食している。政治家は改革、改革と叫ぶばかりで、日本国家の将来像を示さない。官僚は自己の権益を死守するのに忙しく、国家のために自分の身を切り、国民の懐を豊かにし、社会に将来への安心感、国民としての一体感、未来への希望を掲げず、いたずらに不安感だけを煽る。全くの無責任さのつけである。
フランスのような子育て支援策、教育改革による将来の国際化(国境の開放)に対応できるツールを身につけさせる教育、数々の規制の緩和策の早期実施が必要である。
写真:大田黒公園の紅葉
2005-12-4.jpg


スポンサーサイト

テーマ:今日もお疲れさんでしたw - ジャンル:日記



プロフィール

MIKE

Author:MIKE
株式会社グリーン・メデイカル・システムズ 代表取締役、国際マーケテイングコンサルタント
日本アルメニア科学・文化・教育協会(JASEC)理事長
日本LPL療法普及協会 事務局長
アルメニアEJ大学 名誉教授

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。